FC2ブログ
再生の現場 ブログ
プロフィール

DBコンサルタント

Author:DBコンサルタント
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに厳しい再生への道のり
久しぶりに西伊豆の松崎から河津に行ってきました。

西伊豆の中でも最も文化的な雰囲気を感じることができる松崎は、以前西伊豆の有名旅館の再生のために滞在していた頃の自分を、「ほっと」させてくれた懐かしい場所でもあります。なまこ壁の土蔵や那賀川沿いの桜並木は、どこか京都や倉敷などの表情と重なり、日本の原風景が残る貴重な町です。

町の東に車で15 分ほど走った県道を少し入ったところに建つ古いホテルを訪問してみました。それは、ホテルという名前からは想像もつかない、古い古民家を改造した日本旅館でした。最初に出てこられた方は、恐らくは責任者の方だろうと推察できたのですが、私の訪問理由をお話すると、何かの理由があるのかご自分はそそくさと事務所に戻ってしまい、代わって経理を担当されているというMさんが、対応してくださいました。

聴けばこの旅館は、300 年以上もの歴史があり、今年の新春ドラマの白虎隊でも主役となっていた西郷頼母にも縁のある場所だということでした。元々、この地で有力な庄屋であった依田家の屋敷跡なのですが、その依田家は私財を投げ打って北海道開拓に貢献した歴史上の人物として、映画にもなったということでした。

また、現在の建物のうち一部が県の文化財指定を受けているとのこと、玄関を入って目の前に現れる依田家の家紋、釘を一本も使っていない太い梁や柱、そしてどの部屋からも静かに愉しむことができる日本庭園など、これらすべてが始めて訪れる者を圧倒しています。

温泉も源泉かけ流しで「美人の湯」としても知られる名湯です。また、蔵を改造したラウンジが大人のひと時を淡い光とともにやさしく演出してくれます。まさに、宿泊施設としても旅行者の満足度は相当高いことは間違いないでしょう。

しかし、昨今のリゾート不況の流れは、ここでも止めることはできないようです。Mさんのお話からも厳しい現状が伝わってきました。

このホテルの場合にも、様々な再生の手段がありますが、何よりオーナーさんの覚悟が迫られていると感じます。現状では、金融機関はもとより行政の関係者や地元の方々など周囲の多くの人間が振り回されているようです。

しかし、オーナーサイドに立てば、それも至極当然のことでしょう。ただ、長年にわたり経営を担当してきた上での責任はどこかで果たさなければならにことも事実です。問題を先送りすれば、問題は更に大きくなるばかりでしょう。

今のうちに、どなたかがオーナーさんに鈴を付けてあげるべきなのかもしれません。ただし、このホテルの最大の「売り」だったはずの「文化財」が、この鈴つけ役を買って出る民間企業(あるいは民間人)を遠ざけてしまうことになるとは、恐らく現地の皆さんには理解できていないのかも知れません。

追記
ところで、このホテルでお茶を出していただいたのですが、このときに対応していただいた方が、なんと前回西伊豆のホテルの再生を担当していた時に、大変お世話になった中居さんでした。ご家族の都合で移られたということでしたが、おそらく以前の宿にとっては大きな損失になるだろうと少々余計な心配が頭を過ぎりました。

また、当時夜食コーナーを担当していたSさんという元漁師の方が、私にご馳走してくれた現地のお茶漬けが非常に美味しかったことから、これをどうにか売り物にしたいと働きかけたことがありました。今回、松崎で宿泊させていただいたホテルの売店で「塩かつお」という商品を見つけてお店の方にお聞きしたところ、今では西伊豆町の特産品としてキャンペーンを展開しているとか。

当時一緒に再生に取り組んだY税理士さんにもお話したところ、「当時そんなこともやって頑張っていたよなあ。」とその頃の思い出に花が咲きました。

当時500 万の運転資金にも困っていたKホテルGを、メイン銀行やオロオロするだけの経営陣を従え、Cホテルの買収しで救うという荒業に出て成功したたった二人の武勇伝を、そのオーナーたちが必死でもみ消そうとしていることを、周囲から聴いて分かってはいたが、税理士報酬を含めて弁護士報酬やその他の報酬が未払にまっている現在、こんな商品企画まで「パク」られていたかと、少々残念さが再び湧き上がってきました。

↓↓来福旅館の詳しい内容はこちらからお願いします。
raihuku_banner.gif

↓↓デジタル・ブレインの詳しい内容はこちらからお願いします。
デジタル・ブレイン合同会社



スポンサーサイト
旅館経営者の失敗
顧問弁護士に100,000円/月 顧問税理士に50,000円/月 旅館コンサルタントに350,000円/月 これだけ毎月払い続けて、3年ですべてを失った旅館経営者の方がおられます。

この旅館のケースは、決して経営者の放漫経営などが原因ではありませんでした。
先代の経営者の方が、銀行の誘いに乗って過剰に設備投資をしてしまったことが原因でした。しかし、当時の金融破綻によって回収に走る金融機関対策が甘く、融資条件や返済計画の見直しなどに金融機関、経営者両者が真剣に向き合わないまま時間だけが経過した結果でした。

ただ、何よりも失敗だったことは、弁護士や税理士、そして旅館コンサルタントに依存しすぎて、損失を増大させてしまったことに尽きます。
では、どうしてこのようなことが起きているのでしょうか。

理由はいたって簡単です・・・
上記の先生方は、「営業の強化が重要ですね」とはアドバイスしてくれます。しかし、それをどのように計画立案して実行するかはあなた次第なのです。彼らが顧客を呼んではくれませんし、融資を優先的に斡旋してもくれません。

特に酷かったことは、コンサルタントとは名ばかりで、月に一度訪問してホームページのプラン変更を実行するだけで35万円ものコンサルタント料金を搾取されていたことでしょう。通常では考えられないことです。この程度のコンサルであればリモート作業で十分ですし、高くても5万円程度が相場です。

しかし、残念なことは、私が依頼を受けて拝見した月次の試算表を見て、直ぐにこれらのコンサルタント料の支払いをストップすることを進言しましたが、奥様をはじめ幹部の皆様が「そんなことをすれば売上が落ちるのでは」心配顔をされたのです。表現は適切か解りませんが、まるで薬漬けにされた人間と話をしているような錯覚を覚えました。

さらに
この顧問弁護士さんに至っては、裁判所から差押え処分の通知を受け取っていながら、その事実を任意しておらず、裁判所どころか金融機関にさえ一度も同行していない事実がわかりました。そして競売開始決定通知を受けたあとも、一度もこの旅館を訪問することもなく顧問料を受け取り続けていたのです。

当時私は、あまりに弱みに漬け込んだ内容に、愕然とするだけでしたが、これは現状の旅館業にとってはどこにでもある危機であることに気付きました。事実、旅館様からキャッシュフローが取れなくなって以来、コンサルタントの数は激減しています。しかし、これからが本当にコンサルタントが必要とされていることも事実です。

わたくしたちデジタル・ブレインRBプロジェクトでは、ネット広告を活用した営業支援「29,000円からはじめる来福旅館」をフラッグ商品として、日本旅館を真にサポートできる企業を目指しています。是非、一度お試しください。


買収されたホテルの決算書に計上されていたコンサルタント料2700万円の怪。

私が以前買収業務にあたったホテルの年間売上は約7億円。しかしながら当然赤字決算。

しかも民事再生中であり支援先を募集中であった。にもかかわらず、堂々と決算書の中にコンサルタント料2700万と計上されていた。総売上の3%を超えるコンサルタント料金を取る再生のための仕事とは一体どのようなものだろうか。

そもそも「再生」という文字が含まれている法的処理であるにもかかわらず、何故こんなことが許されるのだろうか?

確かに、従業員のみなさんは人件費や経費の削減を実行し、ギリギリまで切り詰めた運営を行っていた。しかし、他方では弁護士やコンサルタントに湯水のごとく経費が流出する。一体、何のための民事再生という法的処理なのか、誰のための再生なのか、裁判所にでも聴いてみたい。

実際、みなさんの旅館で景気がよかった時代でさえ、5%の純益を計上できれば「優秀ですね」と税務署からお褒めの言葉が貰えたはずです。それが、自力での再生を諦め民事再生中の会社から総売上の3%以上のキャッシュフローを抜き取ることが「再生」という言葉のイメージとは、私にはどうしても結びつかない。

勿論、このホテルの買収金額を要求の半分以下に叩きまくったことは当然のことであった。どうせ泡銭になってしまうなら、生き残った人達のために生きた金を使うべきなのは至極当然なことである。

↓↓来福旅館の詳しい内容はこちらからお願いします。
raihuku_banner.gif

↓↓デジタル・ブレインの詳しい内容はこちらからお願いします。
デジタル・ブレイン合同会社






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。